商品を販売するにあたり、どの企業もこだわりがあるかと思います。
他者との競争に勝つことにこだわりを持っていた方がいいのですが、このこだわりが「思い込み」になっているかもしれないといいます。
こだわりというのは店の経営者が自己満足のために作った料理ではないということです。
お客様が何を求めているかを考えて、そこにこだわりを持っていくことが必要でしょう。
こだわりにはお客様のニーズをつかむということが肝で、それを中心に持ってきて、販売アイテムを選ぶべきだといえるそうです。
店にとって、経営者のこだわりはとても大切だと思います。
そのこだわりが販売アイテムにも独自性をもたせることが出来ると思います。
けれど、それがお客様の欲求やライフスタイルからズレていたら、お客様は来てくれないと思います。
こだわりで勝負しているというのなら、「この店ならこの一品」と呼ばれるまで追求し、他社では決して真似できないところまで完成されていなければならないと思います。
材料や製造工程にこだわっても、その商品が「その店の一品」と呼ばれなければ、思い込みによりこりかたまったアイテムになってしまう可能性が高くなるでしょう。
販売アイテムを開発するならば、店のコンセプトやお客様のニーズを踏まえて創意工夫をするということが大切になると思います。
地域の名産や伝統食材にこだわり、地域の名物料理を開発するのもいいと思います。

ハムであれば地産地消にこだわったメニュー開発もできると思います。
美容・健康志向にこだわったものを追求するのも良いかと思います。
特殊な製造方法にこだわって、独自性の高いアイテムを完成させるのもいいと思います。
材料にこだわるのもいいかと思います。

ハムやソーセージをギフトとして販売するのであれば、熟成の方法を独自に開発してみるというのもよいと思います。