飲食店というのは常にクオリティを上げていかなければならないといいます。
 そうしなければ他店に負けてしまうからだそうです。
 勝ち組と呼ばれる飲食店は味はもちろん、従業員のサービスやお店の雰囲気のクオリティはとても高いと言えるでしょう。
 ただ、この高いクオリティも他に真似されていき、一般的なレベルになっていくかと思います。
 そうなったらもっと高いクオリティにしていかなければ競合店に勝つことはできなくなるでしょう。
 他店との差を感じることも大切です。
 なぜなら、どんな勝ち組でもいつの間にか、競合に巻き込まれているからと言えます。
 他店との競合での勝利の三原則。それは、「どこででも味わえない料理」、「どこにも真似できない雰囲気」、「どこにもない心温まるサービス」です。
 これらを常に磨き続けることで、勝ち組になっていくことが出来ると思います。
 これらは維持することも大変ですが、磨き続けるのも大変でしょう。
 勝っているからと、経営者が油断してしまうということもありますし、常にライバル店の動向も気にしていかなければならないためです。
 また、他店のサービスやメニューブックを見て、自分の店とのレベルを比べることもとても大切ではないでしょうか。
 競合や競争に負けてしまうお店は、お客様が求めるモノを提供していないといえるでしょう。
 他店に行って、自分の店がどの部分が足りないのかも研究するといいようです。
 また、マンネリ現象も見逃さないようにしましょう。品揃えの不足や類似品が増えてないかということもチェックしていくことが大切になっていくのではないでしょうか。
 こうした日々の地道な努力を行うことで、競合他社とは差別化が出来るようになるでしょう。

ハムをギフトとして販売するのであれば、競合他社をリサーチしたり、売れ行きの分析を行ったり、商品がマンネリ化していないかなど、常に考えておく必要があるのではないでしょうか。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です