お店にストーリーを作るというのはイメージが湧くかと思います。
お店を開店する際にコンセプトを持っていると思いますし、こんな感じに作りたいというイメージもあるかと思います。
商品も同じでイメージをもたせるというのはとても良い方法だそうです。
また、お客様は名物に弱いということもあるそうなので、その土地の名物を発掘したり、歴史上の出来事や昔話や童話をモチーフにしたものもいいと思います。
立地が悪くても、そのストーリーやイメージを好きなお客様が食べに来てくれるというのもあると思います。
人気の絵本に出てくる豚をモチーフにしたハムやベーコンを出す店というのもいいと思います。
実際、とても立地が悪くてもネットなどで検索してお客様は行きますし、SNSで評判になるのも商品にストーリーがあったりするかと思います。
値段は多少高くても、商品にイメージやストーリーがあると、お客様は買ってくれたりするそうです。
ファミレスなどでも人気のキャラクターとタイアップした料理を出したりします。
自分の足で地元に伝わる童話や昔話を発掘するのもいいかと思います。
自分の家族のものでもいいと思います。
「お母さんの○○」などで評判を取れるかもしれませんし、地元の主婦で作った巻きずしというのも流行ったりしているようです。
面白いコンセプトがあれば、食べてみよう、行ってみようと思ったりするものです。
そこで味が良ければリピーターになりますし、評判が評判を呼んでということにもなるかと思います。
養豚場が近いならば、ハムステーキを出すなど 養豚場の雰囲気を出してもいいかと思います。
同じハムを出しても「養豚場」というイメージがつけば新鮮で美味しそうですし、特別な感じがするかと思います。

ハムやベーコンのギフトを考えてるお客様がいるのであれば、地域限定販売の商品を開発するのもよいのではないでしょうか。

商品をいかにして販売していくのか、そのためにもコンセプトはとても大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です