お中元やお歳暮の時期に、「つまらないものですが・・・。」などと、客人から差し出される「ハム ギフトの詰め合わせ」は、全くと言って良いほど、「つまらなくないものです」。毎回、「待ってましたぁと。」客人にお礼を述べるのですが、毎年のようにあの人たちは、やってきて「つまらないものですが・・・。」と、大好物のハム ギフトを置いて帰ります。あの人たちというのは、父親の仕事関係先の人々なのですが、私が物心つく数十年前から父親に、ハム ギフトやら、缶詰め ギフトやらを、お中元やお歳暮の時期に忘れずに届けてくれます。私が大学を卒業して、2つ上の兄とともに、父親の仕事を引き継ぐ事になってから、私が父親の取引先との窓口担当となりました。まだいっちょまえに社会に出ても、ピヨピヨ言ってるような私に取引先のあの人たちは、「謙譲語」を使って下さるのですから、世の中は本人がアマちゃんであろうと、バックに権力者がいるだけで、おエライさんになってしまうのだという事を最近痛感しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です