「ボンレス ハム」は、「ロース ハム」が、豚の背中の部分を使用する事に対して、「ボンレス ハム」は、豚肉のももの部位を加工したハムになります。「ロース ハム」と同様、「贈り物のハムの詰め合わせ」の代表選手として、お目見えする事が多い「ボンレス ハム」ですが、どちらかというとあっさりしている事が特徴とされています。「ボンレス ハム」があっさりしているのは、ステーキ言うと赤みの部分のように、脂肪が少なめである事が要因としてあげられるそうです。脂肪分が少ないハムとして、カロリーを抑えた食事制限をしているような人々には、「ロース ハム」よりも、「ボンレス ハム」を選択した方が、同量のハムをチョイスする上では、「ボンレス ハム」の方が、よりカロリー控えめな食材という事になります。それぞれ食材に含まれている脂肪分の違いになりますので、個体差による個々のハムの形状によって異なりますが、「ロース ハム」と「ボンレス ハム」のカロリーの差は、おおよそ倍の違いがあると表示されているケースもあるので、ダイエットや食事制限を試みている人々にとっては、見逃せない違いでもありますよね。「贈り物のハムの詰め合わせ」の中でも、代表格として、その名は知られていますが、「ロース ハム」とのカロリーの差についてはあまり知られていないように感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です