うさぎを1羽、2羽と数えるのには、諸説ありますが、日本は、歴史上長い間、仏教の影響もあり、獣の肉を食べる事を一般的には、認められていない時代が続いていました。その中で、「鶏」を食べる事は、禁止されていなかったこともあり、うさぎを1羽、2羽・・・、数え食肉として頂いていたというような見解があるのだそうです。日本人は、歴史の中で、肉を食べる習慣がなかった時代があったようですが、それ以前の縄文時代、またそれ以前の人々は、野生の動物や植物などを狩猟したり採集したりしながら生き延びていたと考えられています。実際には、日本では、奈良時代頃までは、鹿や猪などを主に食べていたような歴史的痕跡がみつかっているようなのですが、その後の仏教の伝来の影響から、肉を食べない習慣が風習として根付いてしまったようなのです。先日、悲しくも焼失してしまった沖縄の琉球王国の首里城が、世間を騒がせましたが、首里城がある沖縄では、独特の食肉文化が辿られていたようでもあります。日本の本土と、中国に挟まれるように位置する、沖縄列島は、日本本土からの影響と、お隣中国からの影響を大きく受けていたようです。ですから、沖縄の食文化は、日本食とは、かけはなれたものが多く、その多くのお料理がブタ肉を使用するのは、中国の影響が大きいと考えられています。沖縄には、お正月にブタを1頭屠畜する風習があり、その際に、食べきれなかったお肉をハムのようにして保存する、ブタ肉の塩漬けするお料理が根付いているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です